<< 新月の隙間を堪能した大分の出会い | top | 大分の彼女は同じ年齢でした >>

大分では彼女と一緒に暮らし始めた

 


恥ずかしいことに、大分、私は「彼女のすべての強み」に追いつくことができませんでした。

紹介は長すぎますが、一緒に暮らし始めたとき、銀行口座の暗証番号などを統一しようとしました。

二人の誕生日である「○△◇■」に住むことにしました。

大分が亡くなった直後、私は公的機関に書類を提出するために死亡診断書が必要でした。
私は病院で2つもらった。

それで、どういうわけか、そのうちの1つが開いた状態で来て、私はそれを見ました。

死因や大分の名前などに目を奪われました。

死亡時刻、平成※年※月※日○△:◇
二人で決めたPINが並んでいました。

偶然ですが、それでも「忘れないで!」と言っていると思います。

※以下は玉屋さんブロブ株式会社からのコピーです。

oita6542 | - | 14:26 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--