<< 写真も投稿するように大分で言われました | top | 素敵だから憤慨した和歌山の出会い >>

必死で期待した和歌山の出会い


と思った。和歌山の出会い


「これをカードで買ったので、後で支払います。後で支払います。
その上、赤いバラはあまり好きではありません。私のお気に入りはアプリコットカラーです!
とにかく自分で払わなければならないとしたら、嫌いなバラよりも実用的な服やバッグを買って欲しかった...


これは私の心の叫びです。笑

さて、実際に花瓶をくれてありがとうございます。
花には罪がありません。和歌山の出会い
魅惑的な香りがして美しく咲きました。

そのとき、私はすでに私の心を通り過ぎ、夫と一緒に亡くなりました。

和歌山の出会い
嬉しかった花といえば、10歳の頃にレストランにいたときに本店から受け取った感謝状。
ブーケは急遽開店した店舗に到着し、とても豪華で上品な綺麗なアレンジでした。
思いがけない出来事により、思わず涙が出てきたようです。私は同僚の前にいたので、必死に我慢しました。笑

こういうことができる会社が成長できると思うのは素人の考えです。

和歌山の出会い
そして、最も忘れられない花のプレゼントは、家から出て一人暮らしをしている息子から贈られた小さなカーネーションの花束です。
母の日になるとコンビニによく出てくる花束です。和歌山の出会い

毎年娘が買ってきて食べさせてくれるのですが、お金がないのにためらいがちな息子のことをいつも忘れています。

でもどういうわけかカーネーションを渡した


いつもごめんなさい。ありがとうございました。


いつ。そして


いつかもっと大きな花束を差し上げます! ‥

和歌山の出会い
トモ。

大きな花束は届かなかったし、今年も連絡がないけど期待せず待っている。笑

oita6542 | 和歌山 | 12:34 | comments(0) | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--