<< 幸運で笑顔になった和歌山の出会い | top | 大分で出会いがあり驚異的な海を知る >>

大分で出会いがあり裏から実践した

いちよカムピー人形
(村山浩吾)

冬至の子供時代の言葉「一葉緑」はお祝いの言葉です。大分で出会い
そこからキューピー。
これは予想外です。

この冬至のフレーズを超えることはできません。

味o蔵の裏からの冬至(菊池R乃)大分で出会い
なんとなく匂いを思い出したくなる俳句。

今日は冬至です。
ここから少しずつ、まだ冬ですが、日中は春に向かって続きます。

冬至という言葉を実践しようとしました。
刻んだサーモンとそばを焼く醤油をたっぷり加えます。

ずらりと並んだ貝の骨
千鳥は速い大分で出会い
ゆふぐれは千鳥と恋をする海

季節の言葉は千鳥
3つの冬の季節

子供の言語は

 

大分出会い
明田千鳥、大iso、目黒、リトル千鳥、四郎千鳥、Sa千鳥、千鳥足、千鳥掛、,野千鳥、浜千鳥、浦千鳥、島千鳥、川千鳥、郡千鳥、智千鳥、千鳥千鳥、千鳥、千鳥サヨ、ユナミチドリ、ツキヨチドリ、アオイ

チドリ科の鳥の一般的な用語は、居住鳥と渡り鳥があります。 cocoは短く、色は灰色がかった茶色です。驚異的なのは、足を組んで歩くことです。酔っ払いと比較して。

淡水の海の場合
私は自分の心について考えています大分で出会い
(万葉集/ E本麻呂麻呂)

星崎の闇を驚異的に見る
(Bas松雄)
千鳥と千鳥から続くのだろうか
(小林一茶)大分で出会い
砂漠に詳しい友達千鳥
(向井出)
千鳥川を蹴る千作砂
(五木なつき)大分で出会い

oita6542 | - | 12:37 | comments(0) | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--