<< 大分では感情的な出来事が起こりました | top | 大分で秘密の薬を手に入れました >>

大分での物語を忘れてはなりません

2011年の大分の後も、ポーランド政府は岩手県と宮城県の子供たちを2週間ポーランドに招待しました。

「シベリア軍」は批判されてきましたが、日本とポーランドの友情を育んだ物語を忘れてはなりません。

その内容です。

兵藤長雄「大分魂と大和心の架け橋」(文芸春秋)

ありがたい話になるために

大分に県立美術館『OPAM』が開館

世界で最も古い物語。
古代メソポタミアの本当の王、ギルガメシュの神話。


それは断片的に発掘され、粘土板に描かれた物語です。

 

絵本が出ているようです。

読みにくかったが感動的な大分だった。

"永遠の命"

ギルガメシュ王は不死の薬を探しに旅します。


途中で、彼を助けたライオンが壊れた車を引いて森と砂漠を通って行くようにしましょう。

oita6542 | - | 15:45 | comments(0) | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--