<< 基本的に蓄積する大分の出会い | top | 大分での物語を忘れてはなりません >>

大分では感情的な出来事が起こりました

ポーランド政府の要請により、復活した孤児たちは横浜港と神戸港から帰宅しました。船で日本を出発したとき、感情的な出来事が起こりました。ポーランドの大分は「私は日本を去りたくない」と叫んだ。

日本は、シベリアの極寒の極度の大分の中で生活することを余儀なくされ、愛に触れたことが一度もない孤児のための楽園でした。

大分『第40回湯布院映画祭』が無事開催

孤児たちは船から続けて「ありがとう」と呼び、彼らは「君が代」とポーランドの国歌を言い、さよならを言ってくれて感謝しています。

日本では、この感動的な歴史的大分はほとんど知られていません。しかし、ポーランドでは、この孤児救済策はまだ言われており、返済は続いています。

1995年と1995年に阪神淡路大震災の後、ポーランド政府は影響を受けた子供たちをポーランドに招待しました。日本の子供たちは首都ワルシャワで4人のポーランド人孤児と対面することで暖かく励まされました。

oita6542 | - | 15:44 | comments(0) | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--